馬耳湯風(ばじとうふう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「湯の里 中山平」の板酒粕

<<   作成日時 : 2009/02/25 19:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

宮城県鳴子温泉郷の完全オリジナル地酒「湯の里 中山平」の板酒粕を
いただいてきました。

画像



原材料は鳴子温泉中山平の「ひとめぼれ」100%と仕込水は同じく鳴子温泉
中山平の天然温泉水「玉鳴号」という自然の恵みそのままの日本酒の酒粕は
香り豊かでくせがありません。


鰆(さわら)の酒粕漬け
画像


擂り鉢に酒粕とお酒でといた味噌を入れて混ぜ合わせますが、この板状の
酒粕をペースト状にするのが大変だったようです。(川渡温泉菅原魚店謹製)


私はこの板酒粕をそのままトースターで焼いて砂糖をつけて食べてみました。
二切れ食べたら酒酔い状態・・・
画像



純米吟醸酒「湯の里 中山平」DATA

使用米 ひとめぼれ100%      産地(大崎市鳴子温泉字川端)
仕込水 天然温泉水「玉鳴号 」   泉源(大崎市鳴子温泉焼石亦)

精米歩合: 60%、アルコール度:16.3、日本酒度:−0.5、酸度: 1.9
アミノ酸: 1.05 、グルコース: 1.1 酵母:小川酵母


画像


醸造元 寒梅酒造
宮城県大崎市古川柏崎字境田15

販売元 倉加屋酒店
宮城県大崎市鳴子温泉字星沼79-35







にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「湯の里 中山平」の板酒粕 馬耳湯風(ばじとうふう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる