馬耳湯風(ばじとうふう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 今はもう誰も・・・鳴子三角山ジャンプ台

<<   作成日時 : 2009/02/03 17:15   >>

トラックバック 0 / コメント 4

かつて冬になると毎日のようにこの場所に来ていた時がありました。

初めて来たのは昭和38年(1963年)の第18回国体スキーが開催された時
に観客としてジャンプ見物でした。

その後この三角山ジャンプ台は昭和59年(1984年)に開催された全国高等
学校(インターハイ)スキー大会の前年ぐらいに宮城県が改修工事を行い
70m級ジャンプ台として現在の形になりました。

三角山ジャンプ台



三角山ジャンプ台



この時からスキー大会の雑用係の日々が始まりました(笑)
初めて経験する全国大会は無我夢中で雪踏みやら弁当運び等の各種雑用係。
当時は携帯電話もパソコンもなく、大会準備や運営は人海戦術に頼るしか
ない時代でした。

平成6年(1994年)に第49回鳴子国体スキーが開催された時には審判台が
新たに作られましたがこの時は大会前に入院してしまい無念のリタイア・・・

また、鳴子ではインカレスキーも数多く開催されましたが資料もなく記憶も
定かでなく、国体の開催年だけはようやく日体協のサイトから見つけました。

日本体育協会 過去大会の概要/国民体育大会
http://www.japan-sports.or.jp/kokutai/archive.html

スキー競技の資料やデータベースはインターネット上に少ないなあという気が
しましたね。
まとまっていると感じたのは新潟県スキー連盟の公式サイトにある新潟スキー
98年史ぐらいでした。

新潟県スキー連盟
http://www7.ocn.ne.jp/~nsa/


あれから久々の三角山は人影もなく、ただ雪に埋もれてしまい風速計だけが
まわっていました。

三角山ジャンプ台








にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ジャンプ競技が大好きなので,昨年,鳴子シャンツェも見に行きました。目の前がゴルフ場のコースになっていますよね。知らずにそこに車を停めたら,危ないよ〜って騒がれましたf(^_^;)
こんな小さなところで,ごひいき選手が飛ぶわけでもないんですが,ジャンプ台を見るだけでワクワクしちゃうのです。
HARU
2009/02/03 21:58
こんばんは、コメントありがとうございます。
このジャンプ台では札幌オリンピック金メダリストの笠谷選手を初めとして多くの名ジャンパーが飛びました。
私は転がったり滑り落ちたことはありますが飛んだことはありません(笑)
ジャンプ台を見るだけでワクワクするHARUさんには今日の写真は少し寂しい写真かも知れませんね。
Yashiro
2009/02/03 22:51
 このジャンプ台は解体撤去されることが決まったようです。秋頃には工事が始まるようです。来年の春過ぎには、何も無くなることでしょう。
 このジャンプ台が最後に使われたのはいつだったのでしょう。
カズ
2009/05/26 22:24
カズ 様
はじめまして、コメント投稿ありがとうございます。
ジャンプ台の解体撤去・・・初めて知りました。
最後に開かれた全国大会は1998年の第35回全国中学校スキー大会だと思います。個人的には1984年の全国高校スキー大会から1994年の国体スキーまで10年間このジャンプ台やスキー競技にかかわったので何となく寂しい気がします。
Yashiro
2009/05/26 23:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今はもう誰も・・・鳴子三角山ジャンプ台 馬耳湯風(ばじとうふう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる