馬耳湯風(ばじとうふう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮城県内の議員や政党のサイト

<<   作成日時 : 2009/02/04 19:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

宮城県の自民党所属の国会議員や県会議員は会合への出席や視察の
写真とか後援会への報告書的な内容がほとんどで見る気分になりません。


民主党・・・宮城県連のサイトが相変わらずプロバイダの接続アカウントを
そのままホームページアドレスにしています。( /~minshu10/ ・・・ )
政治団体なら「or.jp」ドメインを取得してホームページを開設すべきだと
思います。


民主党のサイトや所属議員全体に感じるのは更新頻度が少なく新しい情報を
発信する意識が見受けられません。(タイムリーさが無いと見る気になれない)
ある選挙区の公認内定者のサイトは更新も半年以上無くチャレンジする意欲
はサイトからは感じられません。


共産党宮城県委員会のサイトもひどいですね。
高齢者・障害者等配慮設計指針(JIS X 8341)でチェックすると問題点は
35件にもなりました。

閲覧者にとっては読みにくい、優しくない共産党宮城県委員会サイトです。

内容も乏しく閲覧しにくいサイトも多いので参考としてURLをリンクする気に
はなりませんでした。


宮城県内の議員はいったいインターネットの利用についてどのように考えて
いるのでしょうか?
県会議員・市会議員は公式サイトを開設している議員の数があまりに少ない。


議員活動とサイトの充実には相関関係は無いかも知れませんが、私のような
特別支持する政党は無いけれど少々政治には興味ある人間にとっては議員の
活動を判断できる一つの材料であることは事実です。


身近であるべき地方議員の活動が見えなかったり、ホームページやブログも
無かったり、あってもその内容が乏しかったりすれば私には不要な議員としか
思えないしその数が多いから議員の定数を削減すべきだと思っているのです。

サイト検索でも政治家や議員というキーワードで宮城県の議員のサイトを探す
とほとんど出てきません。


私が時々閲覧する政治関連・議員関連のサイトは以下の通りです。
支持するとか不支持とかは別として内容や記事数の多さにパワーを感じます。

鈴木宗男サイトは写真も多いがムネオ日記はほぼ毎日のように書いています。
http://www.muneo.gr.jp/html/flash_index.html

保坂展人のどこどこ日記の更新頻度も内容も充実しています。
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto

毒蛇山荘日記は文藝評論家山崎行太郎氏の政治ブログ
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/

知られざる真実は経済学者植草一秀氏の政治ブログ
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/

宮城県のサイトで一つだけ救いは桜井充参議院議員のサイトだと思います。
http://www.dr-sakurai.jp/

平成17年に郵政民営化に関する特別委員会で「米国政府要望書」の問題を
取り上げたり質問主意書の提出も多くサイトも充実しています。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
宮城県内の議員や政党のサイト 馬耳湯風(ばじとうふう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる