馬耳湯風(ばじとうふう)

アクセスカウンタ

zoom RSS ロイズのチョコレート(当別町と岩出山)

<<   作成日時 : 2009/03/26 00:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

自宅から歩いて3分程のところにある「道の駅」にはロイズのチョコレートが
ずらりと並んでいます。

画像



画像


ロイズ大好き人間が今までこのブログに書かなかったのは戊辰戦争まで遡って
説明をしておかないと思ってなかなかチョコレートまでたどりつかない・・・(^_^;)

歩いて3分なのに国道47号線からの出入り口が一つしか無いので車で行くと
10分以上かかってしまうとか、何となく近くて遠い存在だとか余計なことまで
書いてしまうのでなおさらたどりつかない。

さて、戊辰戦争・・・
この戦いで破れてしまった仙台藩岩出山城主の伊達邦直公は1万石以上あった
石高をたった65石に減らされ家臣は武士の身分も剥奪されたため自ら私財を
処分して移住費用に充て新政府のすすめていた北海道開拓に身を投じました。

開拓の地に選んだ当別には伊達藩岩出山領から3回にわたり約600人が移住
したそうです。

当別町のホームページには伊達記念館や伊達邸別館のことも掲載されています。
http://www.town.tobetsu.hokkaido.jp/kankou-map01.htm

平成12年北海道石狩郡当別町と宮城県岩出山町(合併後は大崎市)は姉妹都市
となり、当別町にロイズの工場があることから岩出山池月の「あ・ら伊達な道の駅」
にロイズの各種製品が並んでいるというわけです。

ロイズふと美工場(石狩郡当別町太美)
http://www.e-royce.com/corporate/guidance/factory_jp.html

伊達藩岩出山領の他にも亘理領伊達邦成公(伊達邦直公の弟)も北海道に移住し
現在の伊達市を開拓しています。

伊達市ホームページ/伊達市開拓記念館
http://www.city.date.hokkaido.jp/shisetu/kanko/n96bln000000gzoo.html

優秀な藩主や家臣団が北海道に渡ってしまい、新政府の政策により骨抜きにされ
こだわりとか気骨とか感じられない宮城県になってしまったのかなあ・・・

勝てば官軍なんでしょうが、当時の新政府は仙台藩に対して異常に厳しい処遇を
したのはそれだけ伊達家、仙台藩を警戒していた気持ちが強かった裏返しであり、
今の時代でも仙台藩領地であった岩手県第4区選出の国会議員を脅威に感じる
自公合体マスコミ癒着勢力のなりふりかまわぬ姿が見えますね。







にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ロイズのチョコレート(当別町と岩出山) 馬耳湯風(ばじとうふう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる