馬耳湯風(ばじとうふう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 開花前(中山平温泉駅前の桜)

<<   作成日時 : 2009/04/21 00:01   >>

トラックバック 1 / コメント 0

中山平温泉駅前にあるこの桜は大正6年に陸羽東線開業記念に
植えられた桜で樹齢90年を越えています。

画像
中山平温泉駅前 4月20日午後3時40分

同じ大崎市鳴子温泉内でも川渡温泉の桜は4月14日に開花して
現在は満開状態なのに中山平温泉駅前の桜は4月20日ようやく
開花前の状態です。

画像
川渡温泉湯沢川 4月20日撮影

眩しい夏の陽ざしや冬の風に耐えて明日にも開花するばかりと
なりました。

ただ、本来は待ち遠しい桜の開花ですが私の気持ちを暗く重く
しているのがこの照明器具です。

画像
4月16日午後3時30分撮影

この桜のライトアップを請け負った電気工事業者の感覚が理解
できません。

樹齢92年の桜に照明設備を直接針金で巻き付けています。

下からのライトアップではなく幹の途中に2台の投光器を乗せて
いますから強い光と熱で桜の木を痛めつけるはずです。

画像



実際に今夜午後8時30分に試験点灯の写真を撮ってきました。

全く無神経な照明です。
ライトの設置場所、照明器具の色合い、桜の木に対する配慮や
少しでも綺麗に見せる工夫とか全く感じられません。

画像



画像


この桜は環境庁指定国民保養温泉地「中山平温泉」のシンボル
でもあると思います。

自然豊かで湯量豊富な中山平温泉は、新日本三大美人の湯とも
称される泉質を有し、秋には紅葉の名所鳴子峡に最も近い温泉
地として多くの観光客が訪れます。

この中山平温泉の桜に対してこのような電気工事はありえません。
ライトアップとは言えません。

そして私は雑草取りや枯れ枝の打ち払いなどをしている駅前の
方の姿を時折見ています。
画像



この桜を大切に見守り育てている方の気持ちを踏みにじるような
照明器具の設置だと思います。

陸羽東線中山平温泉駅開業以来の桜を痛めつける電気工事は
やめるべきです。

針金を巻き付けて投光器を枝に乗せるのではなく下にLEDライトを
置き、できるだけ桜に優しく環境にも優しいライトアップをしなければ
ならないと思います。

私にはこの業者の感覚は理解できないし、逆に言えば私がいくら
言っても理解されないかも知れませんから来年は私自らが桜の木
にも周りにも優しい明かりを灯してみる他に方法は無いような気が
しています。






にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
せっかく咲いた大桜を痛めつけている鳴子温泉郷中山平温泉観光協会(2012年5月2日)
ようやく今日(5月2日)宮城県鳴子温泉にあるJR中山平温泉駅前の大桜が 開花しました。 ...続きを見る
馬耳湯風(ばじとうふう)
2012/05/02 18:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
開花前(中山平温泉駅前の桜) 馬耳湯風(ばじとうふう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる