馬耳湯風(ばじとうふう)

アクセスカウンタ

zoom RSS JR古川駅無料休憩所の手湯について

<<   作成日時 : 2009/05/13 22:11   >>

トラックバック 0 / コメント 4

JR古川駅の改札を出たところに「無料休憩所(お休み処)」という場所が
あります。

JR古川駅2F 無料休憩所
JR古川駅



ここに「手湯」が設置されていますが、おかしな表示があり本来あるべき
表示がありません。
JR古川駅の手湯



1.泉質が「低張性アルカリ性高温泉」という点がおかしい。
2.本来あるべき「温泉利用許可済証」や「温泉成分分析表」がない。

この手湯が温泉であるならば「温泉を公共の浴用・飲用に供しようとする場合は、
都道府県知事又は保健所設置市(区)長の許可が必要です。」と書かれている
下記の温泉法に違反しているのではないでしょうか?

環境省「温泉法の概要」
http://www.env.go.jp/nature/onsen/outline/index.html
http://www.env.go.jp/nature/onsen/outline/index.html


また、温泉の成分、禁忌症等の掲示も必要となるのにこの古川駅の手湯の周辺
にはそれも見あたりません。

このような温泉法の問題だけではなく見た目で不衛生だと感じたことも問題だと
思いました。

手湯の湯面にはホコリやゴミが浮いているし、浴槽の中の木にはゆらゆらとした
付着物も貼り付いています。
手湯



このホースは温泉供給用ではなく循環のためのホースのようです。
手湯



汚れたタオルを一つ置いてありましたが、使い捨てのペーパータオルと消毒液を
置くぐらいの配慮は必要ではないでしょうか?

鳴子温泉を宣伝するというのならこの休憩所にパンフレットぐらいは置くべきです。
さらに言えばこんなことまでして鳴子温泉をPRしなくても良いのではないでしょうか?


鳴子温泉郷のポスターが1枚と「旅の手帖青春18きっぷで行く温泉番付」の
ポスターが張られているだけです。
手湯


鳴子温泉に来ていただき、入浴していただきその良さをわかっていただきたいと
考えるべきです。


古川駅にこのような手湯はかえってイメージダウンだと思います。

この休憩所に鳴子温泉のイメージビデオの映像でも放映したほうがより効果的
ではないでしょうか?


私にはこの手湯を設置した人の感覚が理解できません。
泉質名に「低張性アルカリ性高温泉」という表示をして「温泉利用許可済証」を
掲示しないことがなぜなのか私には全くわかりませんね。


JR鳴子温泉駅の足湯に掲示されている「温泉利用許可済証」です。
温泉利用許可済証


※尚、上記写真はすべてクリックすると拡大されます。


にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです!

鳴子の、イメージを作るときは是非私に声をおかけください(笑)  
さりげなくコーヒーを、飲んでる私が主演いたします(>_<)
kanako
2009/05/15 19:09
ありがとうございます。
ゑがほ食堂のシーンもぜひ!!・・・
Yashiro
2009/05/15 19:32
こんばんは☆! お久しぶりです。
わざわざ行っていらしたんですか? 古川駅。

付着物の写真を見て≪おぞ気≫がはしりました… @@;/
私も あの中に手をつっこんだのに…(汗)
なんで あんな付着物が・・・?
≪循環≫しかしていないから…なんでしょうね…
ちょっと残念です…。

それにしても 保健所の温泉利用許可証が必要だなんて初めて知りました…。でも…あの衛生管理じゃ〜 保健所の許可取れないかも…(もしくは最初から取る気がなかったか…)

ああ それにしても 残念…。
ぱせり
2009/05/15 21:05
こんばんは、コメントありがとうございます。
古川駅に行って来ました(笑)・・・自分の目で見たり体験しないとブログ記事に書けませんから。
ぱせりさんが行かれた時は無かったかも知れませんが毎日掃除したり新鮮な温泉を入れていないのであのような付着物とゴミの浮いた手湯になったのかも知れませんね。思いきって手を入れましたが「しんとろの湯」とは到底思えない手入浴感でした。帰宅後は念入りに手洗いしました。
Yashiro
2009/05/15 21:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
JR古川駅無料休憩所の手湯について 馬耳湯風(ばじとうふう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる