馬耳湯風(ばじとうふう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 甘食と金環触

<<   作成日時 : 2009/07/24 00:29   >>

トラックバック 0 / コメント 4

日食で「甘食」を連想し、金環食といえば石川達三の「金環蝕」を思い
出してしまいます。

甘食・・・私の周りの人は意外に知らないのに驚きました。
特に若い人は知らないですね。

口で言ってもわからないなら実物をと鳴子温泉のコンビニやスーパーを
探し回りましたが見つからない。

大崎市岩出山のスーパーまで行ってやっと見つけた甘食はヤマザキの
ベビー甘食・・・(^^ゞ
画像



石川達三の「金環蝕」という小説、そして映画化も1975年ですから知らない
人は多いでしょうね。
http://www.kadokawa-pictures.co.jp/official/kinkansyoku/

30年以上も前の映画ですが、DVDでも観ることができます。(レンタルでも)
存在感のある俳優が揃っていますから損は無いと思います。



監督:山本薩夫
俳優:仲代達矢、宇野重吉、三國連太郎、京マチ子、西村晃、久米明、
北村和夫、大滝秀治 他

日食を見たのも金環蝕も遠い時代・・・














金環蝕 (岩波現代文庫)
岩波書店
石川 達三

ユーザレビュー:
骨太な登場人物生真面 ...
古典的名著! だが今 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです(笑)
この小説は知りませんでした〜まぁ、自分が生まれる前に出版された本は、大概誰かに聞かなければわからないものですが・・・。
映画を見る前に、まずは小説読まないとでも、いつか・・・
masa
2009/07/24 01:13
遠くからコメントありがとうございます。
最近は政治もマスコミも映画も小粒になってしまいました。存在感が無いんですよね。小泉や竹中なんて小説の題材にもならないのかも(笑) そういえばレンタルとか通販とかどうするのかな?・・・au
Yashiro
2009/07/24 09:01
私の抽象論では、逆です(笑)それらを構成してる有権者・読者・視聴者の帰属意識の低下が、副産物(小粒)を誘発し、そして誘因したと考えてます。
政治家は往々にして「毒にも薬にもならない」と言われていますが、彼らは間違いなく「毒」にはなったので、山崎豊子氏の題材になるでしょう(笑)例:『華麗なるライオン』『沈まぬ郵政』『赤い巨塔』みたいなタイトルで!(笑)

最近は文明の発達により下記のサービスがあるみたいですよ。
→http://www.tenso.com/
文明の発達した国から未発達の国に来ると不憫に感じることもしばしば(光→ADSL)
http://blue.ap.teacup.com/tjuringa/10.html
ちなみに速度は上記と全く同じで無線。DL制限12M。
これにはホントに参ります。実行速度で0.8Mを切っているので・・・。
masa
2009/07/24 21:45
有権者の意識の低下は間違いなくあると思いますが、マスコミの誘導による部分が大きいのでこれは「鶏が先か卵が・・・」みたいなものかも知れませんね。「華麗なるライオン」ではなく「ただのポチ」です。実行速度0.8Mでの閲覧恐縮です。便利なサービスあるんですね。ただ、1390円は高いような気がしますのでネット閲覧ぐらいで我慢してください(笑)
Yashiro
2009/07/24 23:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
甘食と金環触 馬耳湯風(ばじとうふう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる