馬耳湯風(ばじとうふう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 熱交換器利用による温泉の熱回収と冷却(鳴子温泉)

<<   作成日時 : 2009/12/22 22:47   >>

トラックバック 2 / コメント 0

鳴子温泉の特徴の一つは源泉温度が高温ということです。
鳴子温泉郷の中でも特に高温源泉が多い中山平温泉で新しい熱交換器の試験が
始まりました。

熱交換器
熱交換器


熱交換器外観
画像


源泉をただ放熱して冷ますのは熱利用という観点からもったいないわけでせっかくの
天然資源である温泉熱を暖房や融雪に利用してさらに快適な入浴温度になった源泉を
かけ流しで利用することが究極の熱交換であり環境に優しい省エネルギーだと思います。

ただ、熱交換器を利用する際に鳴子温泉のもう一つの特徴である温泉成分が豊富という
ことが配管のスケール付着や機械類の腐食ということに繋がり熱交換器の設置と維持の
コスト面が課題ではないでしょうか。

さて、この中山平温泉に試験設置された熱交換器は(株)亀山鉄工所が製作した「多重
偏芯型熱交換器」というもので複数のスパイラルチューブを組み合わせて熱効率を高め
メンテナンスも容易にしたそうです。

スパイラルチューブ模型
画像


熱交換器のシェル内部の観察窓(中にスパイラル部分が一部写っています)
画像


試験が始まったばかりで温度データをパソコンで吸い上げている状態ですがパソコンの
画面を見たら熱交換機に入ってくる源泉温度が約75℃から45℃になっていました。
冬期間というせいもあると思いますがかなりの高効率だと思います。
(尚、この源泉は試験のため浴室には給湯していません)

熱交換器に接続されているパソコン
画像


天然温泉の源泉温度は一定ではありませんから温度管理も熱交換機の重要なポイントと
なりますが、この装置は自動で冷水(水道水や湧き水)の量を調整することにより源泉の
温度を一定にすることができるそうです。

この試験設置場所は鳴子・中山平温泉の鳴子らどん温泉。
宮城県大崎市鳴子温泉字星沼6-1
http://www.narukoradon.com/

熱交換器製作は、(株)亀山鉄工所
宮城県仙台市青葉区上愛子字十三枚田34-3
http://www.kameyamag.co.jp/

鳴子温泉の源泉については私が作成したページに鳴子らどん温泉も含めた温泉施設
の温泉分析表を掲載していますのでご参照下さい。
http://www.narukospa.com/gensen.htm

この熱交換器は宮城県の経営革新計画承認企業紹介のページに掲載されている他に
省エネルギー・コスト削減支援事業補助金の対象もなっているということですが宮城県の
ホームページを時々見ている私にもわかりにくいですね。

宮城県経済商工観光部
http://www.pref.miyagi.jp/keisyo/

宮城県環境生活部
http://www.pref.miyagi.jp/kansei/

担当部署ごとのページを見ないとどのような事業をおこなっているのか、どのような補助
事業があるのかわかりません。
さらにサイト構成もそれぞれ異なるのでこれもまた閲覧者にはわかりにくい点です。
単にこういう補助事業を用意していますよというだけのような気がします。

温泉利用でわかりやすいサイトは北海道経済産業局の「温泉DEヒーポン」(名前が
わかりにくいですが・・・)
http://www.hkd.meti.go.jp/hokne/onsen/index.htm

温泉ホテル省エネモデル集
http://www.hkd.meti.go.jp/hokne/onsen/pamphlet.pdf







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
温泉の活用(地球に優しい再生可能エネルギーとして)
鳴子温泉には鬼首地熱発電所(出力15000kW)と水力の鳴子発電所(出力18000kW)が あります。 ...続きを見る
馬耳湯風(ばじとうふう)
2010/03/15 09:16
鳴子温泉の温泉熱利用(鳴子らどん温泉/熱交換器実験)
鳴子温泉郷中山平温泉では仙台市の(株)亀山鉄工所が「多重偏芯熱交換器による 源泉冷却と熱回収システム」の実験を昨年12月からおこなっています。 ...続きを見る
馬耳湯風(ばじとうふう)
2010/04/23 09:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
熱交換器利用による温泉の熱回収と冷却(鳴子温泉) 馬耳湯風(ばじとうふう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる