馬耳湯風(ばじとうふう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 東北地域における地熱・地中熱活用セミナー

<<   作成日時 : 2010/03/21 18:27   >>

トラックバック 1 / コメント 0

3月19日(金)に東北経済産業局主催「東北地域における地熱・地中熱活用セミナー」を
受講してきました(仙台市メルパルク仙台 受講料:無料)

温泉の熱利用に関心があるので鳴子温泉〜仙台間高速パスに乗り久々に仙台へ・・・
(バスは補助椅子に座るという満席状態)

セミナー内容は下記の通りでした。

●−石油基盤技術からグリーン基盤技術へ−グリーンイノベーションを考える
講師:弘前大学学長補佐 南條宏肇 氏

●産業構造転換期の中での地熱エネルギーによる 東北地方活性化案
講師:(独)産業技術総合研究所 地熱資源研究グループ長 村岡洋文 氏

●長崎県における温泉余熱によるバイオディーゼル燃料の製造と利活用
長崎県環境保健研究センター環境科主任研究員 竹野大志 氏

●東北地域における温泉熱を活かした地域づくり事例のご報告
株式会社リサイクルワン環境コンサルティング事業部 菊地洋平 氏


画像



東北経済産業局主催、場所は仙台市、テーマはエネルギーや地域づくり、そして
温泉資源が豊富な東北は自治体だけでもかなりの数があるのに参加者は少なか
ったような気がしました。

温泉がたくさんある宮城県にもかかわらずセミナーの中でも事例は秋田県湯沢市
(旧皆瀬村)や弘前大学、青森市というのが何とも寂しい限りでした。

写真ぐらいは掲載しておかないと(宮城県大崎市 鳴子らどん温泉)
画像


原子力、太陽光、風力に比較すると地熱利用のPRが遅れているのは企業・研究
機関の関係者が積極的に情報発信していないということと国の政策と予算の問題
もあるのかも知れません。

インターネットを見ても「地熱学会」を除けば温泉熱利用や地熱エネルギーに関する
情報を探すのは困難でPDF資料ばかり多くてわかりにくいですね。

経済産業省
http://www.meti.go.jp/

NEDO (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構
http://www.nedo.go.jp/

(財)新エネルギー財団
http://www.nef.or.jp/

(独)産業技術総合研究所
http://www.aist.go.jp/index_j.html

日本地熱学会
http://wwwsoc.nii.ac.jp/grsj/




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
鳴子温泉の温泉熱利用(鳴子らどん温泉/熱交換器実験)
鳴子温泉郷中山平温泉では仙台市の(株)亀山鉄工所が「多重偏芯熱交換器による 源泉冷却と熱回収システム」の実験を昨年12月からおこなっています。 ...続きを見る
馬耳湯風(ばじとうふう)
2010/04/23 09:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
東北地域における地熱・地中熱活用セミナー 馬耳湯風(ばじとうふう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる