馬耳湯風(ばじとうふう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 竹工芸館(大崎市岩出山)

<<   作成日時 : 2010/09/10 09:47   >>

トラックバック 0 / コメント 2

宮城県大崎市岩出山の竹細工は1716年〜1736年(享保年間)岩出山第4代城主
伊達村泰公が京都から竹細工職人を連れてきて藩士の手仕事として奨励したのが
始まりとされています。

岩出山竹細工


岩出山竹細工


竹の皮だけ使い表皮を内側にして編みこむので指に優しく水切れが良いのが特徴と
なっています。

材料の「しの竹」
しの竹



竹工芸館内部の作業場(自由に見学できる他、体験もできます:要予約、有料)
竹工芸館作業場



ギャラリーや販売コーナーもあります。
竹工芸館ギャラリー


竹工芸館販売コーナー



竹工芸館
〒989-6436 大崎市岩出山字二ノ構115
TEL:0229-73-1850 FAX: 0229-73-1851
入館:無料 9時〜17時(水曜日定休日)無料駐車場有
竹工芸館外観(大崎市岩出山)


Google マップ

大きな地図で見る




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
8月中旬以降更新ないし、写真のほうも更新ないのでどうしたのかなと。

8月下旬青森まで行ったんですが、あまりの暑さに途中で鳴子に
2泊してのんびりに変更して急遽宿泊。
例の店で美味い肉食った時にホタルの件以降屋代さん調子悪い
とか聞き、お体大事と連絡入れませんでした。
ようやく更新もされて、大丈夫のようですね。
kabumasa
2010/09/10 19:13
コメントありがとうございます。
体調不良で写真撮る気になれなくて・・・
夏の暑さに負けたのかも知れませんね。

このような状態の時に精神衛生上悪いのは新聞とテレビです。
直接見なくてもkabumasaさんのフィルターを通して見させていただき感謝しています。
Yashiro
2010/09/10 20:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
竹工芸館(大崎市岩出山) 馬耳湯風(ばじとうふう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる