馬耳湯風(ばじとうふう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 蛍泉湖ではなく螢泉湖です(鳴子温泉岩堂沢ダム貯水湖の名称)

<<   作成日時 : 2010/10/13 00:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

10月12日の鳴子温泉紅葉情報は鳴子温泉南原の岩堂沢ダムの貯水湖
「螢泉湖」の写真です。

螢泉湖

鳴子温泉紅葉情報2010
http://www.narukospa.com/2010kouyo.html

今日も気温が下がらずこのあたりもまだ紅葉の色づきは遅いです。
http://yukemuri.at.webry.info/201010/article_2.html

この撮影した地点に「岩堂沢ダムの概要」という案内文がありました。
この案内文の中に「螢泉湖」の説明が以下のように書かれています。

螢泉湖(けいせんこ)について
岩堂沢ダムによってできた湖の名前を「螢泉湖」といいます。
この名前は、ダム下流にある南原地区がゲンジボタルやヘイケボタルの
飛び交う自然豊かな「螢」の里であることと、鳴子の貴重な財産である
温泉からの一字を当てて名付けられています。
この「螢」や「温泉」は自然からの贈り物ですが、この自然の贈り物を
今後も守り続け、大崎耕土を綺麗な水で潤し、美味しいお米が実り続け
て欲しいとの願いを込めて大崎市の小松結さんが名付けられました。


画像


この案内文や命名の理由も素晴らしいと感心しました。

ところがこの説明文と並んでいるもう一つの石碑には「泉湖」と刻まれて
います。

画像


案内文には「泉湖」と刻まれているし、公募によって名付けられた名称には
一字一句意味があるわけですからその文字を勝手に変更して石碑に刻むという
ことは私には理解できません。

岩堂沢ダム貯水湖の名称は「螢泉湖(けいせんこ)」です。

螢泉湖(Keisenko Lake)−岩堂沢ダム貯水湖/宮城県大崎市鳴子温泉南原
http://www.panoramio.com/photo/36218063
http://www.panoramio.com/photo/36218063

東北農政局が建設したダムの貯水湖であり公募で決まった名称ですから
勝手にそれを変えるのはおかしいと思います。

それに蛍という文字より螢と書くほうがホタルらしいのにわざわざ蛍と書くと
いう感覚が私にはわかりません。

地名、名称、固有名詞は正しい文字、漢字を使うべきだと思いますが、どうも
宮城県にはこういう意識が少ないような気がします。

OH-は水酸化物イオン、鳴子温泉卿ではなく鳴子温泉郷です。
http://yukemuri.at.webry.info/201008/article_1.html

大崎市に関連した内容のことを書くと匿名でネットで批判するのは卑怯だとか
文句があるなら直接言えとか「匿名」で言ってくる方がいますが、私は匿名で
ブログを書いているつもりはありませんし、これまで寄せられたコメントを
見ていただいたり、ブログのプロフィールを見ていただければわかるはずです。

ブログというネット上の日記に対して言論を封殺するようなコメントを匿名で
寄せるほうがよっぽど卑劣です。
私にとって理解できないことを書き綴ったり、不思議なものを不思議だと書き、
紅葉の見ごろは遅くなりそうだとか書いている個人のブログに何の問題がある
のでしょうか。

ブログに店舗の写真を掲載する時、観光地で後ろ姿を撮影する時、他人の文章
画像を掲載する時は引用であることを明記したり許可を取って掲載しています。

誹謗中傷や個人情報の流出という点にも気をつけながらブログを書いています。

匿名が卑怯だという言葉は私にではなく検察審査会に向けて言っていただきたい
と思います。

きっこのブログ
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2010/10/post-498b.html

宮崎学オフィシャルサイト
http://miyazakimanabu.com/2010/10/06/797/





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
蛍泉湖ではなく螢泉湖です(鳴子温泉岩堂沢ダム貯水湖の名称) 馬耳湯風(ばじとうふう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる