馬耳湯風(ばじとうふう)

アクセスカウンタ

zoom RSS D51(SL湯けむり号)が陸羽東線を走ります。

<<   作成日時 : 2010/11/02 08:23   >>

トラックバック 0 / コメント 2

SL湯けむり号(D51)が12月に陸羽東線を走ります。
JR東日本仙台支社の「冬の増発列車のお知らせ」で発表になりました。
http://www.jr-sendai.com/doc/101022.pdf
http://www.jr-sendai.com/doc/101022.pdf

仙台・宮城「伊達な旅」キャンペーンの最後を飾るイベントとして、
SL を運転・・・とのことです。

このお知らせによればSL湯けむり号の車両はD51となっていますので
陸羽東線・鳴子温泉郷を走るのは2007年9月以来です。
(2008年は車両故障で急遽C11に変更になってしまいました)

SL湯けむり号

車両 D51 + 12系4両 全車指定席

12月18日 小牛田9時13分発 新庄12時42分着
12月19日 新庄8時47分発 小牛田12時51分着

各停車駅や時間等の詳細はまだわかりませんのでJR東日本仙台支社の
サイトでご確認願います。

JR東日本仙台支社
http://www.jr-sendai.com/index.shtml
http://www.jr-sendai.com/index.shtml


昨年の12月に走ったSL湯けむり号(C11)のブログ記事
http://yukemuri.at.webry.info/200912/article_4.html
http://yukemuri.at.webry.info/200912/article_4.html






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 國學院大學史学科4年の藤井と申します。突然のご連絡申し訳ありません。
 ただいま、卒業論文の研究で近世鳴子温泉に関する研究を行っていまして、近世鳴子温泉に関する史料を探しております。
 それで、このブログの過去の記事に鳴子温泉焼石亦の遊佐家で発見された鳴子の古地図を撮影されたものがあり、どちらで拝見されたのかお伺いしたくご連絡させて頂きました。
 大崎市役所に問い合わせをしたところ、こちらの記事にも書かれておりますように江戸時代後期と思われる絵図の一枚は鳴子公民館に保管されていると思われますとの回答を頂いたのですが、残りの二枚は現在どちらに保管されているかご存知でしょうか。市役所の方もご存知ないそうです。
 もし、ご存知でしたらご多忙のところ、大変申し訳ありませんが教えていただきたいです。
藤井
2010/11/10 17:33
藤井 様
はじめまして、管理人の屋代と申します。
保管先やブログ掲載の写真以外の古地図撮影写真等についても
連絡致しますのでお手数ですが、このブログの右下に表示して
いる私の「メール」宛にメールをお願いします。

Yashiro
2010/11/10 21:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
D51(SL湯けむり号)が陸羽東線を走ります。 馬耳湯風(ばじとうふう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる