馬耳湯風(ばじとうふう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 純米吟醸酒「大谷川」留仕込・寒梅酒造/12月16日

<<   作成日時 : 2010/12/17 08:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

宮城県中山平温泉のオリジナル地酒「純米吟醸酒大谷川(おおやがわ)」の留仕込が
おこなわれました。

画像



画像


純米吟醸酒「大谷川」は酒米に宮城県の開発した酒造好適米「蔵の華」、酵母は「宮城
酵母」、仕込水は中山平温泉の天然アルカリイオン温泉水「玉鳴号」を使っています。

酒米蔵の華は大崎市鳴子温泉南原の高橋昭雄さんの水田、仕込水は鳴子温泉焼石亦
から湧出の天然アルカリイオン水、蔵元は大崎市古川の寒梅酒造さん、販売は鳴子温泉
星沼の倉加屋さん、さらに題字も大崎市鳴子温泉星沼の高橋隆さんが書きました。

画像



画像


宮城県や大崎市づくしのこのお酒ですが宮城県や大崎市から補助金等の援助を受けて
いるわけではなく、販売元の倉加屋さんと中山平温泉地域の旅館や農家が互いに協力
しながらつくっているお酒です。

地域の地酒といっても鳴子温泉という観光地にお越しになる全国のお客様に満足して
いただけるよう美味しさも大事なポイントですが研究熱心な寒梅酒造さんの酒造りの技
にも助けられ毎年好評を博しており10ケ月経たない内に完売しています。


種蒔き、田植え、稲刈り、そして等級検査や米の運搬作業、仕込水運搬まで写真撮影
などですべて係わってきた私としては留仕込が最後のお手伝いです。

種蒔き(2010年4月28日)
画像


田植え(2010年5月19日)
画像


稲刈り(2010年9月25日)
画像


等級検査(2010年10月14日)
画像


蒸し米をタンクに運ぶ作業でほとんど写真を撮る余裕がありませんでした。

最後に撮影したのは寒梅酒造さんの看板わんちゃん・・・
画像


この大谷川ともう一種類の純米吟醸酒「湯の里中山平」(酒米:ひとめぼれ)は一足お先に
完成していますのでまもなく店頭に並ぶはずです。

(ご参考)
平成22年度仕込「湯の里 中山平」
清酒:純米吟醸
原材料名:米・米麹
使用米:ひとめぼれ100%
仕込水:天然アルカリイオン温泉水「玉鳴号」
酵母:小川酵母
精米歩合:60%
酸度:1.15
アミノ酸:0.68
アルコール度:16.9
日本酒度:+2.0(やや辛口)

純米吟醸酒「中山平」/倉加屋
http://www.kurakaya.com/osake.html





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
純米吟醸酒「大谷川」留仕込・寒梅酒造/12月16日 馬耳湯風(ばじとうふう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる