馬耳湯風(ばじとうふう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 融雪道路/鳴子温泉の温泉熱利用(中山平温泉)

<<   作成日時 : 2010/12/27 16:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

宮城県大崎市鳴子温泉星沼(中山平温泉)の市道では融雪道路の熱源に温泉熱を
利用しています。

国道47号線から、熱帯植物園、鳴子らどん温泉、仙庄館に至る市道の一部に源泉
を利用して熱交換器により不凍液を循環させています。


12月26日の大雪でもこの道路には全く積雪がありません。
大崎市鳴子温泉星沼/温泉熱利用融雪道路
12月26日午前11時50分撮影

ただ、この道路の一部はほとんど雪が融けていません。
画像
12月26日午前11時50分撮影
この部分は温泉熱ではなく、石油のボイラーによる熱交換ということです。

温泉熱利用と石油ボイラーの道路の境目。
画像


温泉熱利用の部分と比べると今回のような大雪ではほとんど融けていません。
推測ですが、石油による熱交換は気温が下がると自動で運転ということと、温度が
温泉よりも低いのかも知れません。

12月27日の状況も26日と同じように違いがはっきりとわかります。
画像
12月27日午前9時10分撮影


画像
12月27日午前9時10分撮影


同じ時間の国道47号線(鳴子温泉星沼)の写真。
画像
12月27日午前9時20分撮影

これだけ温泉という熱源に恵まれていて効率の良い融雪道路ができるのですから
行政はこのような事業の推進をすすめるべきだと思います。
尚、来年度はこの石油を使った道路の部分も温泉熱に変える予定とのことです。

大崎市は除雪作業をすることもないし、石油による熱交換より費用がかからない
環境にも優しい温泉の熱利用をもっと考えてほしいと思います。
再生可能エネルギーとして鳴子温泉の源泉をもっと利用すべきです。

大崎市のPCからはこのブログをフィルタリングにより見ることはできないそうですから
せめて市議会議員ぐらいは情報収集としてこのブログをみてほしいものです。

鳴子温泉の温泉活用についてはこれまでのブログ記事をご参照ください。

吸収式冷凍機(温泉熱利用)
http://yukemuri.at.webry.info/201004/article_10.html

熱交換器実験
http://yukemuri.at.webry.info/201004/article_12.html

天然温泉水使用のコーヒーとピザ
http://yukemuri.at.webry.info/201005/article_9.html

天然温泉水仕込豆腐
http://yukemuri.at.webry.info/201005/article_14.html

ドライフルーツ
http://yukemuri.at.webry.info/201006/article_2.html


また、今回の大雪では樹木がかなり折れているのが目立ちました。

中山平温泉駅前にある桜の枝折れを防ごうと雪払いをしている写真です。
画像

この雪払いをしている方は樹木診断や施肥などもすべて自費でおこなっています。

大正6年に陸羽東線開業記念に植えられたこの桜はこうして地域の人により大切に
守られています。

来年の春にはまた見事な花を咲かせてくれることでしょう。
http://www.panoramio.com/photo/35200527
http://www.panoramio.com/photo/35200527




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
融雪道路/鳴子温泉の温泉熱利用(中山平温泉) 馬耳湯風(ばじとうふう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる