馬耳湯風(ばじとうふう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 東北じゃらん2011年2月号(35ページ・鳴子温泉に関する記述の訂正)

<<   作成日時 : 2010/12/29 19:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

東北じゃらん2011年2月号の35ページには「鳴子温泉郷 5つの温泉地を
賢く湯めぐり! 1000円ぽっきりプラン。」と題してページ内に下記の記述が
ありましたが間違いなので勝手に訂正させていただきました。

記(原文通り転載・引用)
中山平温泉で4湯目
エメラルドグリーンに近い湯は自家源泉にラドンを入れたぬるっとした
肌触り(東蛇の湯)

「東北じゃらんを見た」で大人300円→150円
※12/28〜2/28まで
※1グループ2名まで


正しくは下記の通りです。

中山平温泉で4湯目
日によって時間によっても色が変化する源泉掛け流しの露天風呂は
つるつるすべすべの美肌の湯(東蛇の湯)

「東北じゃらんを見た」で大人300円→150円
※12/28〜2/28まで
※1グループ2名まで


東北じゃらんの間違いは、「エメラルドグリーンに近い湯」という断定的な記述
ですが、実際には季節により、あるいは日によってもお湯の色が変化します。

ご参考に東蛇の湯露天風呂の写真を掲載しますが、これはすべて入浴時間外
または施設所有者の許可を得て入浴者の全くいない時に撮影しています。

画像


画像


画像


また、「自家源泉にラドンを入れた」という記述も全くの誤りです。
東蛇の湯ではなく鳴子らどん温泉の大浴場内にある「ラドン浴室」だけにラドンを
投入しており他の浴室はすべて源泉掛け流しです。

東蛇の湯は自炊専門、お隣の鳴子らどん温泉は2食付きの宿です。
(鳴子らどん温泉宿泊者は東蛇の湯浴室が無料で利用できます)

楽天トラベルに掲載している鳴子らどん温泉の「温泉のご案内」を以下に一部
転載しますのでご覧ください。

昔から傷に効く湯として親しまれている源泉は、つるつるすべすべ感があり
美人の湯、美肌の湯としてもご好評をいただいております。
寛政年間(1790年代)より温泉を療養や疲労回復の手段として役立ててきた
中山平温泉の「湯治」の知恵と歴史を継承しています。

温泉効能を高めるラドン浴室はラドン成分と天然の湯による相乗効果で、世界
でも珍しい治効力のある温泉としてご利用の皆様から喜ばれております。

日によって、時間によって色が変わる天然温泉の不思議な現象をお楽しみいた
だけます。

鳴子らどん温泉 温泉のご案内【楽天トラベル】
http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/107629/CUSTOM/GW107629101128173432.html
http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/107629/CUSTOM/GW107629101128173432.html

東蛇の湯/温泉成分表
http://www.narukospa.com/g-higashihebi.htm
http://www.narukospa.com/g-higashihebi.htm

東北じゃらん2月号には温泉の記述に関しては一部ミスがありますが、お得な
湯めぐりプランだと思いますのでどうぞご活用ください。

東北じゃらん 2011年2月号











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
東北じゃらん2011年2月号(35ページ・鳴子温泉に関する記述の訂正) 馬耳湯風(ばじとうふう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる