馬耳湯風(ばじとうふう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 大平鮮魚店(宮城県仙台市青葉区)

<<   作成日時 : 2012/11/21 02:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

宮城県内の魚屋さんシリーズ第2弾!!
今回は仙台市で創業63年になる「大平(おおひら)鮮魚店」さんです。

大平鮮魚店/外観


大平鮮魚店は仙台市場と石巻市場から仕入れていますが、石巻魚市場から仙台の
お店に到着する午前11時〜11時30分頃になるとプロの料理人さん達が続々と待ち
かねたように店内の魚を選んでいきます。

石巻魚市場では競り落とすと屋号の入った札を貼ります(隣の札は女川の岡清さん)
石巻魚市場


石巻から到着すると早速車から降ろして店内に運ばれます。
大平鮮魚店


大平鮮魚店 店内


大平鮮魚店


この魚を並べる間もなくプロの料理人さん達が選びながら袋に入れていきます。
大平鮮魚店


自分で競り落としてきたサバをさらに選別している大平鮮魚店の社長さん。
大平鮮魚店


さらに店内では魚の捌き作業もおこなわれます。
大平鮮魚店/店内


このお店は仙台の有名寿司店や和食のお店が仕入れているプロ御用達の魚屋さん
ですが、もちろん一般の方にも切り身や自家製の干物などを販売しています。
大平鮮魚店/干物作り


大平鮮魚店の社長さんは和食のお店に魚を売ることだけではなく料理方法や美味しい
食べ方などを仙台市内の洋食屋さんにも教えることもあります。
全国を食べ歩いているだけにこの社長さんの味覚感覚は超一流、美味しい店があれば
その出汁や天ぷら油まで調べて自分で買ってきます。

宮城県は「食材王国みやぎ」というキャッチフレーズ、さらに地産地消のお店などを盛ん
にPRしていますが、新鮮な三陸沖の魚介類を生産者から飲食店や消費者に届けている
魚屋さんのことを忘れているのではないでしょうか?

大平鮮魚店さんだけでなく宮城県の魚屋さんは調理人としてあるいは料理教室の先生や
料理評論家としても優れている人達がたくさんいますから・・・

大平鮮魚店/宮城県仙台市青葉区春日町2-16

大きな地図で見る




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大平鮮魚店(宮城県仙台市青葉区) 馬耳湯風(ばじとうふう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる