馬耳湯風(ばじとうふう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳴子温泉郷の温泉成分について

<<   作成日時 : 2012/12/26 17:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

宮城県鳴子温泉郷の各温泉施設ごとに温泉成分のいくつかを取り出して
ソート(並び替え)機能付きの一覧表にしてみました。

鳴子温泉郷成分一覧表
http://www.narukospa.com/bunseki-1.html
(成分名の項目をクリックでソートできます)
http://www.narukospa.com/bunseki-1.html

鳴子温泉郷のすべての施設、すべての温泉成分を記載しているわけでは
ありませんし各施設のデータも年月が異なりますので鳴子温泉の泉質の
特徴としてご参考にしていただければと思います。

通常掲示している浴用の成分表において鳴子温泉では、水素イオン(H+)、
銅イオン(Cu2+)、ヨウ素イオン(I-)、水酸化物イオン(OH-)、が検出されて
いないだけでほとんどの温泉成分が存在しています。

尚、温泉の種類は環境省の新泉質名で分類したところ27種類になります。

鳴子温泉郷泉質別一覧表(新泉質名)
http://www.narukospa.com/onsenbunseki.html
http://www.narukospa.com/onsenbunseki.html
鳴子温泉は27種類の泉質があるということですね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鳴子温泉郷の温泉成分について 馬耳湯風(ばじとうふう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる