馬耳湯風(ばじとうふう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮城県石巻漁港・魚市場/2014年3月4日の朝(東日本大震災から間もなく3年目)

<<   作成日時 : 2014/03/04 23:45   >>

トラックバック 1 / コメント 0

宮城県石巻魚市場の2014年3月4日の写真です。

昨年まで津波の爪あとが残っていた建物も取り壊された復旧工事現場です。
復旧工事現場/石巻漁港


この魚市場付近の他に周辺岸壁もかさ上げ工事がおこなわれています。
石巻漁港


今日はスイスのテレビ局が来てインタービューを受けている魚市場の須能社長さん。


いつものように午前6時30分からセリが始まります。
石巻魚市場セリ


酸素が供給されている水槽のかごの中には平目などが泳いでいます。
活魚水槽


活毛ガニ・・・石巻産毛ガニの美味さは意外と知られていないのが残念。
毛ガニ


競り落とした魚介類を台車に乗せている仲買人の菅原魚店さん(鳴子温泉川渡から
40年以上石巻魚市場に通い続けています)
画像


水槽が並ぶ活魚やトロールのセリが終わると次は定置網船の入港時間がやってきます。
定置網セリ場


定置網船の入港までの時間は市場構内の斉太郎食堂で「かけそば:300円」
かけそば:斉太郎食堂


入港した定置網船 第一龍丸
第一龍丸


昨年から導入されたベルトコンベア式の放射能測定装置。
放射能測定装置


以前は魚をミンチ状にして測定していましたがこの装置の導入により丸ごと測定すること
によりスピードアップとより多くの魚種が測定されることにより安全さをアピールしています。
担当部長さんからお話を聞いたところ最近はすべての魚種が「不検出」だということです。

尚、以前の放射能測定装置についてはこのブログで2012年7月にレポートしています。
http://yukemuri.at.webry.info/201207/article_1.html

大震災から約3年経っても市場の建物は仮設テント、周辺の道路もまだ未舗装状態ですが
三陸沖の美味しい魚介類を届けてくれる漁業関係者、魚市場、そして仲買人や魚屋さん逹
の頑張りをこの市場で見るたび、そして自分自身のためにも国産、宮城県産の魚介類に
こだわりたくなります。

2012年に撮影した石巻漁港や石巻魚市場の写真はYouTubeにもアップしていますので
ご覧ください。

使用BGM:Bridge Over Troubled Water(明日に架ける橋)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
新しくなった石巻魚市場/2015年9月
東日本大震災の津波で全壊した石巻魚市場は震災後も仮設のテントで 運営されていましたが新しく建て替えられ9月から全面供用開始となりました。 ...続きを見る
馬耳湯風(ばじとうふう)
2015/09/19 10:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宮城県石巻漁港・魚市場/2014年3月4日の朝(東日本大震災から間もなく3年目) 馬耳湯風(ばじとうふう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる