公務員を増やすべきでは

公務員削減や小さな政府という政策に私は反対ですね。
それよりも街にあふれている無職の人間を公務員として採用したほうが
良いのではないでしょうか?
ただ、「議員」という公務員を減らすことだけは絶対必要です。

無職だった民間人の活力を役所に注入することによってサービスの向上
生産性の向上もはかれるし無駄な使途をなくすことにより人件費増えた
分は充分カバーできると思います。

無職の人間が公務員として採用されれば雇用保険の支給も減り、税収も
上がるし、消費も増えて景気も良くなるのではないでしょうか?

元々自由主義経済と言うよりは官僚社会主義的な体質の日本という国
にはこのような政策のほうがピッタリかも知れません。

どっかの学者先生とか何とか総合研究所でこういう試算とかプランの
シュミレーションしてくれないかなあ・・・









この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

公務員削減で火花(自民VS民主)
Excerpt: 「公務員削減で火花(自民VS民主)」に関するブログ記事から興味深いものを選んでみ...
Weblog: ブログで情報収集!Blog-Headline
Tracked: 2007-12-09 16:34