鳴子峡メモ(5)

鳴子峡(宮城県大崎市鳴子温泉)の管理について

1.駐車場料金について

落石事故により遊歩道が通行止めになり滞在時間が短くなったことで
駐車場料金も見直す必要がある。

有料駐車場に入ってくる車両のデータを取っていたわけではなく私の
単なる推測ですが、滞在時間は30分程度だったような気がします。

中山平口から遊歩道を歩いて駐車場に戻ってきてレストハウスで休憩
という行程なら最低1時間から2時間はかかりますがこのような行程
を提供できずに乗用車で500円という料金は高すぎます。

(参考)鳴子峡駐車場料金表
駐車場(1回当たり)
大型自動車 1,000円
中型自動車 700円
普通自動車 500円
自動二輪車及び原動機付き自転車 200円

備考
1 大型自動車とは,乗車定員30人以上の車両をいう。
2 中型自動車とは,乗車定員11人以上29人以下の車両をいう。
3 普通自動車とは,大型自動車及び中型自動車以外の自動車をいう



2.周辺整備について

紅葉を見物する位置に曲がった看板があったり、電線が張ってあったり
景観という視点が欠けている。

画像


この古くなったブリキの看板が風で飛んだり倒れたりしたら危険である
という認識はあるのでしょうか?

鳴子峡鳴子口側の入口にある旧大谷橋から渓流を眺めると目の前
には電線が張られていてこのように写真にも写ってしまいます。

画像


よりよく紅葉を見てもらおうとか、景観をできるだけ損なわないように
ということが全く感じられない。

大崎市は景観保全、景観改善、安全管理という意識を持って鳴子峡
を管理していただきたいと思います。


鳴子峡メモ(1)
http://yukemuri.at.webry.info/200801/article_11.html

鳴子峡メモ(2)
http://yukemuri.at.webry.info/200801/article_13.html

鳴子峡メモ(3)
http://yukemuri.at.webry.info/200801/article_14.html

鳴子峡メモ(4)
http://yukemuri.at.webry.info/200801/article_17.html







この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

鳴子峡遊歩道(鳴子温泉)
Excerpt: 鳴子峡大谷川沿いの遊歩道は昨年の10月に発生した落石事故のため 現在は閉鎖されていますが、紅葉時期に向けて大崎市は一部区間の 通行と大深沢沿いの遊歩道を整備するということが報じられました。
Weblog: 馬耳湯風(ばじとうふう)
Tracked: 2008-05-13 14:06