頑張れ栗原!!頑張ってます鳴子・中山平温泉!!

大崎市鳴子温泉郷中山平温泉の観光協会・旅館組合では栗原市花山のデイサービス
センターに温泉を運びました。

画像
花山デイサービスセンター浴槽への温泉給湯

栗原市社会福祉協議会運営の花山デイサービスセンター(湖畔の里)では栗原市の温湯
温泉から温泉供給を受けて利用していましたが、地震後にその温泉の代わりに中山平
温泉が提供する申し出をして観光協会員、旅館組合員の協力体制で温泉を運びました。

画像
栗原市花山デイサービスセンター(湖畔の里)全景

私もこの温泉運搬に立ち会い写真撮影してきましたが中山平温泉観光協会が観光宣伝的
な行為ととられることは本意ではなく、栗原市社会福祉協議会にも迷惑がかかる可能性も
あるので観光協会のホームページだけで情報発信し外部取材は受け付けないようにしたい
ということを伺っていたので個人ブログに掲載することは見合わせてきました。

7月30日で合計4回の温泉運搬が終了したこともあり、このブログに掲載することにしました。

事前の打ち合わせで栗原市社会福祉協議会より温泉はできるだけ温湯山荘さんの泉質に
近いアルカリ泉が望ましいと言われましたが、その点は泉質の宝庫鳴子温泉ですから全く
問題なし(笑)
また、浴槽は加温装置・循環装置があるとのことなので機械にも影響の無いことも配慮して
鳴子らどん温泉さん所有の飲める天然アルカリ温泉水である「玉鳴号源泉」に致しました。
玉鳴号
http://www.naruko.jpn.org/tamanarugo/

問題は運搬方法・給湯タンクの手配でした。

デイサービスセンター内には二つの浴槽があり容量は合計約6トン。
6トンのタンクローリーは見つかりましたが、中山平温泉から花山までの間に重量制限の
ある橋があるために満タンには積載できず、トラックの手配と給湯タンク探しをしなければ
なりませんでした。

こういう時に地域の底力・・・

各旅館・商店・農家にあるポリタンク、水中ポンプ、4トントラックなどを持ち回りで協力
してもらって合計4回の温泉運びを無事終了することができました。

詳細は中山平温泉観光協会ホームページに掲載されていますのでご参照ください。
http://www.nakayamadaira.com/news.html

鳴子温泉郷にとって温泉こそが最大の財産であり、この被害に遭わなかった中山平の
温泉に入浴していただくことが被災地への応援であり、気持ちよく入浴してもらうことが
少しでも被災された方の癒しになっていただければという中山平温泉地域の皆さんの
考えに共鳴して私も微力ですが写真撮影やトラック運転などのお手伝いを致しました。

大崎市という行政に頼ることなく地域内の協力体制でおこないましたが当初は大崎市
にも相談したことは以前のブログに掲載しています。
大崎市の対応(岩手・宮城内陸地震)6月19日
http://yukemuri.at.webry.info/200806/article_5.html

結果的に何もしない大崎市が中山平温泉の地域の底力を発揮させ、花山デイサービス
センターの入浴者にも喜んでいただいたことになったのかも知れません。

また、デイサービスセンターに給湯してもさらにタンク内に約1トン以上余った時もあり
その際は隣にある仮設住宅のお風呂にも温泉を提供しました。

栗原市社会福祉協議会より中山平温泉に対して1ケ月(計4回)の温泉運搬依頼という
ことでこの温泉運搬は一応終了しましたが、源泉そのものの供給は可能ですから
栗原市と大崎市はこの天然温泉を今後被災地の方に提供する手段と方法を
考えて欲しい
と思います。

個人的には、この温泉運搬は自衛隊の協力により各避難施設のお風呂に運んでもらう
のが良いのではと思っていましたが実現できなかったのが少し残念ですね。

温泉運びに多少なりとも携わって感じましたが、この源泉は優しい源泉です。
源泉から出てくる温度が約40℃~43℃ですから作業していても安全ですし、飲んでも
美味しい天然アルカリ温泉ですから肌にも優しく、ポンプやトラックなどの機械類にも
影響は無いので作業は楽でした。
湧出量も毎分200リットル以上はありますので作業時間(タンク給湯)も短くて済みます。

鳴子温泉の源泉は入浴でも飲用でも温泉配達でもなんでもござれ!!

がんばってください栗原市
がんばっています鳴子温泉郷中山平温泉

画像
7月11日花山湖






にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ



この記事へのコメント

ぱせり
2008年07月31日 06:10
大崎市という行政に頼ることなく地域内の協力体制でおこないましたが当初は大崎市
にも相談したことは以前のブログに掲載しています。
大崎市の対応(岩手・宮城内陸地震)6月19日

始めまして。上記の記事のころから拝見していました。
震災直後には実現しなかったものの、栗原へお湯を届けることができてよかったですね。

しかも行政に頼る事無く実現したんですね。
地域住民さんの協力、素晴らしいです。
これからも頑張ってください。
Yashiro
2008年07月31日 09:05
ぱせり様、はじめましてコメントありがとうございます。
中山平温泉は地域の特性に基づいて「湯めぐりスタンプラリー」や「スノーランタン」などの行事をおこなっています。こういったことをしているから今回の温泉運びができたのではと思っています。予約キャンセルの状況下でも中山平温泉は栗原市に対して自分たちの元気さとお見舞いを温泉に託して届けたのではないでしょうか。

この記事へのトラックバック