純米吟醸酒「湯の里 中山平」完成

宮城県鳴子温泉郷中山平温泉のオリジナル日本酒が完成しました。

中山平温泉の米と温泉水で造りました。

このブログでも留め仕込みなどを紹介してきましたがついに完成して
待ちきれない私は蔵元まで取りに行きました。

最初に龍神様に奉納し、私は香りだけ味わいましたが、お酒が飲めない
体質の私でもクセが無くそして抵抗無く香りが鼻をくすぐりこれなら飲める
という錯覚にとらわれてしまいそうです。

試飲した方の感想は
「上品ですっきりとした味わい」、「うまい酒だ」とのことです・・・ 

画像


湯の里 中山平

清酒:純米吟醸
原材料名:米・米麹
使用米:ひとめぼれ100%
精米歩合:60%
アルコール分:16.0以上 17.0未満

醸造元:合名会社 寒梅酒造 大崎市古川柏崎字境田15
http://homepage3.nifty.com/miyakanbai/

使用米
ひとめぼれ:中山平こだわり米栽培研究会 大崎市鳴子温泉字川端
画像
実際に使用したひとめぼれの稲刈り前の水田(10月7日撮影)


仕込み水
天然温泉水:(有)みちのく精水工場 大崎市鳴子温泉字焼石亦346
http://www.naruko.jpn.org/tamanarugo/

画像
みちのく精水工場全景(5月16日撮影)


販売元
(有)倉加屋 大崎市鳴子温泉字星沼79-35
http://www.kurakaya.com/

画像

販売価格:3,000円(1.8リットル)
この他に720mlと300mlもあります。

ブログで飲食関連の記事をほとんど扱わないのは撮影が難しいし、色々と
気をつかうし・・・

ただ、今回はお米が栽培されている水田、温泉水の湧き出る源泉、蔵元で
の仕込みの現場とすべて自分自身がこの目で確認したり口にしていること
もあり自信を持ってブログで紹介できました。

それに地元の材料にこだわった本物の「地場産品」を地域の人達だけで
造り上げたということも賞賛に値すると思いました。







にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ


この記事へのコメント

  • Y

    先日久しぶりに鳴子に行き、このお酒を頂きましたがすっきりした口当たりのよい良いお酒でした。Y
    2009年01月25日 19:02
  • Yashiro

    Y 様、はじめましてコメントありがとうございます。
    鳴子・中山平温泉の自然の恵みを蔵元さんが苦労して造り上げた素晴らしいお酒だと思います。飲み過ぎても二日酔いしないそうですが、やはり飲み過ぎには注意してお召し上がりください。
    2009年01月25日 19:19

この記事へのトラックバック

純米吟醸酒「中山平」
Excerpt: 今年の新年早々販売を始めた鳴子温泉郷中山平温泉の地酒純米吟醸酒 「湯の里 中山平」はおかげさまで720mlは無くなり1800mlもあとわずか、 300mlだけは少し余裕があるという状態です。
Weblog: 馬耳湯風(ばじとうふう)
Tracked: 2009-03-06 22:00