ドライフルーツ/鳴子温泉の温泉熱利用

このブログでシリーズのように取り上げている鳴子温泉の「温泉熱利用」について
今回はドライフルーツの紹介です。

ドライフルーツ/温泉熱利用


皿の上に並んでいるのは、トマト、りんご、パイナップル、ブルーベリー、オレンジ。

温泉のパイプを室内に回しているだけの乾燥室の温度は・・・50℃以上というだけで
正確にはわかりません(笑)

乾燥室内温度計
温度計


ドライフルーツを作るポイントは湿度ですから室内を20%以下にするようにしています。

乾燥室内に並べているオレンジとキューイ。
乾燥室内のオレンジとキューイ


この乾燥室で作るドライフルーツ以外にも温泉蒸気を利用して「蒸かし芋」や「干し柿」も
作っています。

蒸かし芋と干し柿


芋の甘み、美味しさは説明不能・・・
柿の渋抜きも温泉熱を利用するだけ・・・

商品化というか市販はしておらず、すべて自家消費なのであえて施設名は書かないで
おきます。

鳴子温泉の温泉活用についてはこれまでのブログ記事をご参照ください。

吸収式冷凍機(温泉熱利用)
http://yukemuri.at.webry.info/201004/article_10.html

熱交換器実験
http://yukemuri.at.webry.info/201004/article_12.html

天然温泉水使用のコーヒーとピザ
http://yukemuri.at.webry.info/201005/article_9.html

天然温泉水仕込豆腐
http://yukemuri.at.webry.info/201005/article_14.html



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック