鳴子温泉、海を渡る/気仙沼・大島へ天然温泉運搬

宮城県鳴子温泉から気仙沼市の離島・大島へ温泉を運びました。

画像
フェリーに乗った鳴子温泉

4月27日から定期運行が再開されたカーフェリーは広島県江田島市が無償で
貸してくれた「ドリームのうみ」です。
画像


気仙沼市大島の避難所となっている大島小学校に足湯を設置しました。
画像
帰りのフェリーの時間があるので準備もスピーディーに

温泉運搬は、水処理施設のパイオニア/オルガノプラントサービス(株)さん
http://www.organo.co.jp/ops/


温かい温泉の足湯でくつろいでいただきました。
画像


画像


画像
仮設住宅建設中(大島中学校グランド)

今回は温泉4トンを運び、足湯の他に大島の旅館にも給湯しました。
画像


水道は復旧しましたが、地域の皆さんのために旅館のお風呂を提供している
そうです。

旅館黒潮の社長さんが「元気です、大島に来てください」というメッセージとともに
写真撮影に応じてくれました。
画像


旅館黒潮ホームページ/気仙沼・大島
http://kurosio.info/
〒988-0633 宮城県気仙沼市字駒形111

帰りのカーフェリーから大島を
画像




これまでの温泉運搬のブログ記事。

東松島市の避難所
http://yukemuri.at.webry.info/201104/article_16.html

気仙沼市の避難所
http://yukemuri.at.webry.info/201104/article_19.html

石巻市ボランティアセンター(石巻専修大学構内)
http://yukemuri.at.webry.info/201105/article_1.html



この記事へのコメント

鳴子には子供の頃、よくスキーに行ったので懐かしく思います。
両親が被災し、私も何か出来ないかと思いブログを作りました。
必要な方がいらっしゃれば、ご紹介頂ければ幸いです。

この記事へのトラックバック