湯治宿の一泊2食付プラン(6,500円)/宮城県鳴子温泉 阿部旅館

普段は素泊まり(自炊・湯治)の宿が常連の漁師さんや農家の皆さんに感謝の
気持ちを込めて期間限定で一泊2食のプランを企画しました。

みやぎがいっぱいプラン(5月1日~5月20日/期間限定)
http://www.narukospa.com/aberyokan-plan2013.html
http://www.narukospa.com/aberyokan-plan2013.html

一泊2食付きの宿泊料金は6,500円(消費税・入湯税込)

当然専門の板前さんもいないわけですから女将さん若女将さんの手作り料理
となります。
食材も地元の商店や農家からの仕入れとなりますから地産地消を自然と実践
することになります。
また、漁師さんや農家への感謝の気持ちは復興支援にも繋がります。

三陸沖の魚介類は石巻市場仲買人の菅原魚店さん(鳴子温泉川渡)が仕入れ
てくれるし、津波被害から立ち上がっている丸平かつお節さん(石巻市)も鳴子
温泉まで配達に来てくれています。
丸平かつお節
http://kibounowa.jp/seisan-maruhey.html
http://kibounowa.jp/seisan-maruhey.html

また、鳴子温泉の天然アルカリ温泉水「玉鳴号(たまなるごう)」も夕食膳に一人
一本(500ml)付きます。
玉鳴号(みちのく精水工場)
http://www.tamanarugo.com/
http://www.tamanarugo.com/

米は鳴子温泉産の「ゆきむすび」、ミヤギシロメ大豆使用の豆腐は高橋豆腐店
さん(鳴子温泉)、自家源泉で作る温泉玉子と食材王国宮城県たっぷりの「みやぎ
がいっぱいプラン」は一泊2食付き6,500円です。

温泉は自家源泉2本(赤這2号、赤這3号)からの天然温泉掛け流しの浴室が二つ
あります。(含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉)
日帰り入浴:300円(午前9時~午後6時)

部屋数12、定員30名の小さな旅館ですし予約サイトもホームページもありません。
予約は、直接電話からとなりますのでお早めにお願いします。

電話:0229-83-2053 (3日前までの要予約となります)

〒989-6711 宮城県大崎市鳴子温泉字赤這125-1
鳴子温泉郷東鳴子温泉 阿部旅館 TEL・FAX 0229-83-2053
Twitter /東鳴子温泉阿部旅館






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 東鳴子温泉阿部旅館夕食膳

    Excerpt: 5月1日からの期間限定プランに先がけて実際に夕食膳を出していただきました。 Weblog: 馬耳湯風(ばじとうふう) racked: 2013-04-16 22:17