鳴子温泉が横綱にビックリ!!

旅の手帖が「青春18きっぷで行く温泉番付」というものを発表して鳴子温泉が
東の横綱になったそうですが、素直でない私は手放しで喜べません。

個人的感覚としては旅の手帖と八岩まどかという人の宣伝材料のような気が
してならないのです。

今から2年前にこのブログでも温泉地のランキングについて書いていますが
観光経済新聞社では旅行業界の方たちを対象にハガキアンケートで毎年温泉
ランキングを発表していて2006年度の総合ランキングは以下の通りです。

日本の温泉100選

順位温泉地
1草津
2由布院
3登別
4黒川
5指宿
6道後
7別府
8和倉
9下呂
10有馬
39鳴子

観光経済新聞社
http://www.kankokeizai.com/100sen/20.html

また、じゃらんでは読者10,000人を対象としたアンケートで「もう一度行ってみたい
温泉地」のランキングを発表していますが、このランキング2007は以下の通りです。

もう一度行ってみたい温泉地

順位温泉地
1箱根
2由布院・湯平
3草津
4登別
5別府
6指宿
7道後
8黒川
9下呂
10城崎
42鳴子

じゃらんアンケート結果(PDF)
http://www.recruit.jp/library/travel/T20061225/docfile.pdf#search='温泉ランキング じゃらん'

このようにベスト10にも入らない温泉地を取り上げれば話題性もあるし地元も
喜んでくれるだろうという思惑たっぷりの温泉番付ではないでしょうか?
5つの温泉地からなる総称の鳴子温泉郷と北海道の山中にある吹上露天の
湯という単独のお風呂を同じ土俵に上げて横綱とか大関というのは如何な
ものかと思います。

ちなみに小結が青森市内温泉銭湯で前頭が草津温泉共同湯・・・
東番付に秋田県もない、栃木県もない、山梨県もない・・・

この番付の選考条件は
1.正真正銘の温泉であること
1.JR線を利用して行けること
1.駅からバス30分程度で行けること

この選考条件でなぜ鳴子温泉が横綱なのか理解できない。

温泉番付をつけるのに「正真正銘の温泉であること」なんて選考条件に入れる
こと自体おかしい(どこかの教授の影響を受けているのかなあ?)

「JR線を利用して駅からバス30分程度で行ける」という条件は温泉地の利便性を
考慮してのものだと思いますがどのようなポイント基準を設けているのか定かで
ありませんね。

初めから鳴子温泉ありきだったような気がします。

郡司勇氏が泉質では「東の横綱鳴子温泉、西の横綱別府」という表現を以前
からしていますが、八岩まどかという方が鳴子温泉に関して高い評価をしていた
とかさらには青春18きっぷで全国の温泉地を旅行していたということを私は聞い
たことがありません。

郡司氏が鳴子温泉を湯巡りした際の記事
http://allabout.co.jp/travel/hotspring/closeup/CU20060107A/index.htm

青春18きっぷや鉄道というと、NHKBSの列島縦断 鉄道12000キロの旅・・・」の」
事前特番に出演したまぶりん麻呂さんや青春18きっぷで温泉めぐりをしている
サイトの管理人らくださんぐらいしか思い浮かばない。
(お二人とも鳴子温泉には鉄道を利用して来られています)

旅と鉄道旅行記
http://mabumaro.com/

青春18きっぷで温泉へ
http://www.rakuda-j.net/onsen/train/index.htm

今までベスト10にも、番付で3役にも入ったことが無い鳴子温泉を横綱に選定した
明確な基準が過去からもそして今も私には見えてきません。
一度きりの特別企画でお祭り騒ぎをしておしまい・・・

大崎市では講演会やら祝う会・・・

「旅の手帖の温泉番付」ではなく、「旅の手帖 青春18きっぷで行く温泉番付」が
正しい表現ですからね> 鳴子温泉郷観光協会殿

JTBでも温泉番付ありました。
http://www.jtb.co.jp/kokunai/onsen/ranking/vote/











"鳴子温泉が横綱にビックリ!!"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: