Youtubeの保存と再生の一例

先日YouTubeについての記事を書いたのでYoutube動画の保存と再生の一例を
書いておきます。

いつでも、いつまでも閲覧できるとは限らないのがYouTubeの動画ですから保存
しておいて後で閲覧することも考えておく必要があるかも知れません。

下記の動画を参考にYoutube動画の保存と再生の一例を紹介。



YouTubeの動画は、flv形式という動画形式で保存されているのでこのファィル
形式を再生できるソフトが必要となります。

ダウンロードや再生が簡単なのはFLV Playerだと思います。
FLV Player2.0
画像


Cow&Scorpionというソフトウェアライブラリサイトにこのソフトが掲載されていて
ダウンロードもできます。
http://cowscorpion.com/MultimediaPlayer/FLVPlayer.html

Cow&Scorpion
http://cowscorpion.com/MultimediaPlayer/FLVPlayer.html


このソフトをパソコンに入れておき閲覧したYoutubeの動画を保存すればいつでも
動画をみることができるということになります。

保存するには1.ダウンロード支援サイトの利用、2.ダウンロードソフトの利用の他に
3.キャッシュファイルの利用という方法もあります。

1.と2.は様々なサイトやソフトがあるのでここでは省略して直前に閲覧した動画を
保存する3.の「キャッシュファイルの利用」を紹介。

Internet Explorerの場合は「ツール」→「インターネットオプション」→「全般」タブから
「flvファィル」を見つけて保存することができます。

画像


全般タブの「インターネット一時ファイル」にある「設定」をクリック→「ファイルの表示」
をクリックすると「Temporary Internet Files」が開きます。

画像


この中から「get_video?origin」という大きなサイズのファィルを選択して右クリック→メ
ニュー「コピー」で任意の場所に「貼り付け」ておきます。

画像


このファィルをFLV Playerにドラックするだけで自動的に再生されます。

画像


尚、キャッシュフォルダは一時的に保存されるだけなので次から次へと閲覧していくと
順次消去されるので直前に閲覧した動画を保存するということ、あるいはダウンロード
ソフトが使えない環境の場合の時ぐらいしか使えません。

また、ITいわゆるフロッピーではなく、いわゆる情報技術(Information Technology)で
コンピューター、インターネットを使ってネットワークを活用する技術を表現する場合に
使われることが一般的です。






"Youtubeの保存と再生の一例" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント