凍みっぱなし(しみっぱなし)と凍み豆腐(しみとうふ)

道の駅の冷蔵庫を開けて「凍みっぱなし(しみっぱなし)」を購入。

画像



画像


豆腐を凍結させ、い草で編んで自然乾燥させた「凍み豆腐(しみとうふ)」の
乾燥させる前の状態で販売されているのが「凍みっぱなし」です。

調理する際は、お湯で解凍したり自然解凍しますが鍋物はそのまま入れたり
簡単に使うことができるし乾燥させた凍み豆腐よりお煮しめなどの和風料理
では凍みっぱなしのほうが美味しいような気がします。

季節限定ということも美味しく感じるのかも知れません。
(11月初めから4月末頃までの季節限定販売です)

乾燥させた凍み豆腐は20枚入り480円ですが、凍みっぱなしの価格は25
枚入り270円と30枚入り315円と安いことも良く買う理由です。

凍みっぱなしは季節限定商品ですが、凍み豆腐は一年中販売されています。

尚、地域の特産品である「凍み豆腐(しみとうふ)」を「凍り豆腐(こおりとうふ)」と
表記している例もありますが、平成19年11月に改正されたJASの品質表示基準
でも「しみ豆腐と記載すること」となっているわけですから160年の伝統がある
宮城県の特産品としてはっきりと「しみ豆腐」と記載すべきだと思っています。

第3条
(1)名称
ア「凍り豆腐」、「こうや豆腐」又は「しみ豆腐」と記載すること。


凍り豆腐品質表示基準(農林水産省)
http://www.maff.go.jp/j/jas/hyoji/pdf/kijun_29.pdf


にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ








"凍みっぱなし(しみっぱなし)と凍み豆腐(しみとうふ)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント