ひとめぼれと蔵の華

酒米が育っている中山平の水田(ひとめぼれと蔵の華)


画像
「ひとめぼれ」水田 6月26日大崎市鳴子温泉


画像
「ひとめぼれ」水田 6月26日大崎市鳴子温泉


画像
「蔵の華」の水田 6月26日大崎市鳴子温泉


画像
「蔵の華」の水田 6月26日大崎市鳴子温泉


種まきは4月12日、田植えは5月17日と同じ日に行っています。
種もみの消毒は農薬を使わず温湯消毒。

また、除草(田の草取り)も約一週間おきに3回程除草機によって行っています。
除草に農薬を使わないということ以外に除草機を回すことにより土の中に酸素を
入れる効果もあるとのこと。

画像
田の草取り 6月7日


画像
田の草取り 6月7日


宮城県の「農薬・化学肥料節減栽培農産物」の指定を受けています。

画像

この「ひとめぼれ」の隣には「雪むすび」が植えられています。


そして、この酒米は中山平から湧き出る温泉水によって仕込まれます。

http://www.narukospa.com/g-tamanarugo.html
天然アルカリイオン温泉水「玉鳴号」温泉分析書 平成21年6月8日


田植えの際のブログ記事(5月17日)
http://yukemuri.at.webry.info/200905/article_11.html



にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ






"ひとめぼれと蔵の華" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント