東北じゃらん2011年2月号(35ページ・鳴子温泉に関する記述の訂正)

東北じゃらん2011年2月号の35ページには「鳴子温泉郷 5つの温泉地を 賢く湯めぐり! 1000円ぽっきりプラン。」と題してページ内に下記の記述が ありましたが間違いなので勝手に訂正させていただきました。 記(原文通り転載・引用) 中山平温泉で4湯目 エメラルドグリーンに近い湯は自家源泉にラドンを入れたぬるっとした 肌触り(東蛇の湯) 「東北じゃらんを見た」で大人300円…

続きを読む

純米吟醸酒「大谷川」留仕込・寒梅酒造/12月16日

宮城県中山平温泉のオリジナル地酒「純米吟醸酒大谷川(おおやがわ)」の留仕込が おこなわれました。 純米吟醸酒「大谷川」は酒米に宮城県の開発した酒造好適米「蔵の華」、酵母は「宮城 酵母」、仕込水は中山平温泉の天然アルカリイオン温泉水「玉鳴号」を使っています。 酒米蔵の華は大崎市鳴子温泉南原の高橋昭雄さんの水田、仕込水は鳴子温泉焼石亦 から湧出の天然アルカリイオ…

続きを読む

宮城縣案内(明治四十年印刷・発行)

宮城縣案内 明治四十年 印刷 発行者 益辨堂 仙台市南町 宮城縣案内(斉藤家蔵書より借用) 玉造郡(P175) 川渡温泉(P179) 温泉村にあり、本郡温泉場の第一行路にして岩出山町より西山形街道 を行くこと四里、道路平坦車馬の便あり、延喜以前の発見に係り大湯 真愈湯、中の湯、目の湯、真坂湯等あり、旅舎何れも宏壮多数の浴客 を容るべし、脚気症に特効あるを以て脚気川渡の名…

続きを読む

公共の宿表示問題と確認書について(老人休養ホームなかやま山荘)

老人休養ホームとは、「概ね60歳以上の方及びその付き添いの方への保健休養の場 として、景勝地や温泉地等の休養地に設置された宿泊利用施設。」となっています。 (「昭和40.4.5社老第87号厚生省社会局長通知」による )   また、厚生労働省の「社会福祉施設等の施設数」という資料によれば「その他の社会 福祉施設」に分類されていて全国に33ケ所となっています。(平成20年10月1日現…

続きを読む

鳴子峡の紅葉と温泉めぐりにレンタサイクル(中山平温泉駅前)

今年の8月からJR陸羽東線中山平温泉駅前に電動アシスト自転車の レンタサイクルが設置されています。 中山平温泉駅から鳴子峡の紅葉見物、温泉めぐりに便利な自転車は バッテリー付き3段シフトの電動アシスト自転車というすぐれもの。 利用時間は午前9時~午後5時、利用料金は3時間まで500円、1日は 800円(8時間)となっています。 中山平温泉駅前の各商店で…

続きを読む

天然温泉水スタンド(鳴子・中山平温泉)

宮城県鳴子温泉郷中山平温泉にコイン式の天然温泉水スタンドが10月1日に オープンします。 この温泉水スタンドは、天然アルカリイオン温泉水として飲まれている玉鳴号の 源泉を浴用として利用許可を取得しました。 天然アルカリイオン温泉水「玉鳴号」 http://www.naruko.jpn.org/tamanarugo/ 泉質はアルカリ単純温泉、塩素処理や濾過はせずに源…

続きを読む

蛇の湯温泉鎮魂ライブ(鳴子・中山平温泉お盆コンサート)

8月13日のお盆に鳴子・中山平温泉では「鎮魂ライブコンサート」が おこなわれました。 この地中山平では1910 年(明治43 年)8月に大水害が発生し79 名の 方が亡くなられました。 明治43年大水害百回忌供養祭(2009年8月8日) http://yukemuri.at.webry.info/200908/article_3.html 犠牲者の冥福を祈り、また…

続きを読む

源氏ボタルが舞っていました(鳴子温泉南原/6月29日)

大崎市鳴子温泉南原は源氏ボタルと平家ボタルが鑑賞できますが、源氏ボタル は今が見ごろとなっています。 今夜(6/29)は中山平温泉の旅館に宿泊されている方と一緒に見学してきました。 この宿では午後7時30分に館内放送でホタル見学のお知らせをして車で現地に 宿泊のお客様をご案内しています。 (このような旅館がもっと増えることを望んでいます > 鳴子温泉) …

続きを読む

雨が降ってもホタルは飛んでいました(鳴子温泉南原/6月27日)

今夜はどしゃぶりに近い雨が降っている鳴子温泉南原でしたが、今夜も 雨の中ホタルは飛んでいました。 今年は6月24日に初めてホタルを観察できました。 昨夜(6/26)はかなりの数のホタルを観ることができました。 今夜は雨が時折強く降る天候にもかかわらずホタルが飛んでいました。 昨夜よりは数が少なく、光る時間も少し短いように思われましたが、雨が 降ってもホタルは飛んでいました。 …

続きを読む

温泉そば/鳴子温泉の温泉利用例

鳴子温泉の温泉利用例として実際にお店で提供している蕎麦のご紹介。 蕎麦を打つ、蕎麦を茹でるのもすべて天然温泉水です。 板そば藤治郎使用源泉 http://www.narukospa.com/g-tamanarugo.html また、店内にある玉子は温泉蒸気で蒸した「温泉蒸し玉子」でお酒も 温泉水で仕込んだ純米吟醸酒の「中山平」と「大谷川」 店の外には足風呂があ…

続きを読む

「しんとろ節」と「しんとろの湯」/中山平温泉

鳴子温泉郷中山平温泉の「しんとろの湯」は中山平温泉小唄「中山しんとろ節」の 一節にある「お湯はしんとろしんとろりん」から名付けられた日帰り入浴施設です。 6月に開業5周年を迎えることから入浴者(大人のみ)に記念品がプレゼントされると いうことです。(6月1日・2日の両日、無くなり次第終了) 鳴子 中山平温泉 しんとろの湯 http://www.shintoronoyu.com/…

続きを読む

純米吟醸酒「中山平」酒米「ひとめぼれ」田植え(鳴子温泉郷中山平温泉)

鳴子温泉郷中山平温泉の完全オリジナル地酒「中山平」の酒米として使用される 「ひとめぼれ」の田植えが5月22日おこなわれました。 大崎市鳴子温泉川端の遊佐勝彦さんの水田です。 宮城県大崎市鳴子温泉川端 遊佐さんは昨年福島県天栄村にて開催された第11回米食味分析鑑定コンクールの ひとめぼれ部門で特別優秀賞を受賞しています。 米・食味鑑定士協会 …

続きを読む

純米吟醸酒「大谷川」酒米「蔵の華」田植え(鳴子温泉郷中山平温泉)

鳴子温泉郷中山平温泉の完全オリジナル地酒「大谷川(おおやがわ)」の酒米 である「蔵の華」の田植えが本日(5月19日)おこなわれました。 頂上付近にはまだ残雪の残る「みみずく山(標高862m)」のふもと南原地区にある 高橋昭雄さんの水田です。 宮城県大崎市鳴子温泉南原 この南原地区は「ホタルの里」として知られており6月末には源氏ボタルが飛び交い 7月には…

続きを読む

温泉豆腐(鳴子温泉郷中山平温泉あすか旅館源泉使用)

先日のブログ記事(嬉野豆腐と鳴子温泉の天然アルカリ温泉水「玉鳴号」)を アップしてからほとんど毎日のように豆腐を食べています(笑) 嬉野豆腐と鳴子温泉の天然アルカリ温泉水「玉鳴号」 http://yukemuri.at.webry.info/201004/article_11.html 天然温泉水「玉鳴号」の他に鳴子温泉郷中山平温泉の「あすか旅館」では 飲用許可を取っている…

続きを読む

とろーりとろとろ温泉豆腐(鳴子温泉南原開拓1号源泉/pH9.0)

嬉野温泉のお湯で豆腐を煮込むととろりとろけた豆腐になり、それは嬉野温泉の泉質に よるものということを東北大学の村松教授が鳴子温泉に来られた際に教えて頂きました。 解説もいただきましたので下記に引用致します(転載許可も頂いています) 嬉野温泉は、ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉で、いわゆる重曹泉です。 弱アルカリ泉(pH7.5-8.5)ナトリウム含有量:試料1kg中400-500mg程…

続きを読む

マスコットキャラクター愛称募集(鳴子温泉郷中山平温泉)

中山平温泉観光協会では新しいマスコットキャラクターの愛称を募集しています。 アニメーションを宮城県北部地方振興事務所よりいただき愛称募集バージョンと して編集してYouTubeにアップしました。 マスコットキャラクター・愛称募集(中山平温泉観光協会)/You Tube 賞品は湯めぐりチケットや純米吟醸酒、温泉水などの地場産品セットがもらえます。 応募要項 サイトか…

続きを読む

おいしい中山平お披露目会(鳴子温泉郷中山平温泉)

「おいしい中山平」お披露目会に参加してきました。 中山平温泉の鳴子らどん温泉大広間で午後6時から開催されました(会費:1,500円) ブルーベリーアイスクリーム(中山平産ブルーベリー・ジャージー牛乳100%使用) 製造元:ハートフルランド・ジャージー牧場(宮城県大崎市田尻) ブルーベリージュース(ストレート果汁100%・中山平産ブルーベリー使用) 製造元:桔梗長兵衛商店(宮…

続きを読む

雪見の露天風呂(鳴子温泉郷中山平温泉)

ようやく今年初めて雪見の露天風呂を撮影してきました。 冬の露天風呂を撮影しようと思いながらなかなか撮影の機会に恵まれなかったのは 撮影時間と雪景色がうまく合わないためでした。 特に今回撮影した露天風呂は混浴ですから入浴時間外に撮影ということが必須です。 午前8時前の晴天と雪景色という条件を満たすのは自然に任せるしかありません。 露天風呂の前を流れる大…

続きを読む

スノーランタンフェスタ中山平(鳴子温泉)

スノーランタンフェスタ中山平が2月6日(土)中山平温泉で開催されました。 午後5時30分頃よりろうそくが灯されていきました。 中山平温泉の旅館から回収した食用油で作られた廃油ろうそくの灯り 会場内のかまくら 中山平温泉のお酒「大谷川」と「中山平」の無料試飲コーナー 2010スノーランタンフェスタ中山平のご案内 http://www.nakayama…

続きを読む

純米吟醸酒「大谷川」発売開始(鳴子温泉郷中山平温泉オリジナル日本酒)

本日(1月29日)より純米吟醸酒「大谷川」が発売開始致しました。 宮城県鳴子温泉郷中山平温泉の天然アルカリイオン温泉水「玉鳴号」を 仕込水として酒米には「蔵の華」、酵母は「宮城酵母」を使いました。 中山平温泉を流れる清流「大谷川」の1月29日の写真です。 大谷川/中山小学校下流域 大谷川/あすか旅館下流域 大谷川/星の湯旅館上流域 大…

続きを読む

純米吟醸酒「中山平」(平成21年仕込)発売開始

平成21年仕込の純米吟醸酒「中山平」ができあがりました。 今日から発売開始され販売元の倉加屋商店より鳴子・中山平温泉の 各旅館、飲食店にも届けられますのでどうぞお召しあがりください。 一足お先にいただきました・・・   純米吟醸酒「中山平」平成21年仕込 清酒:純米吟醸 原材料名:米・米麹 使用米:中山平…

続きを読む

純米吟醸酒「大谷川(おおやがわ)」/鳴子・中山平温泉

宮城県大崎市鳴子温泉郷中山平温泉の完全オリジナル地酒で酒米に「蔵の華」を 使用した純米吟醸酒の名称は「大谷川」となりました。 酒米に「ひとめぼれ」を使用した純米吟醸酒「中山平」の兄弟とも言える「大谷川」は 中山平温泉、鳴子峡を流れている川の名前から命名されました。 大谷川(おおやがわ)の地図 大谷川は中山平温泉、鳴子峡を流れ国道47号線の大谷橋の下流で北上川水系の 一…

続きを読む

純米吟醸酒「中山平」仕込み水運搬(大崎市鳴子温泉)

本日(11月18日)、純米吟醸酒「中山平」の仕込み水として使われる温泉水 「玉鳴号」の源泉から蔵元の寒梅酒造へ運搬作業が行われました。 源泉タンクからあふれ出る温泉水。 工場脇の源泉から運搬トラックへの詰めこみ作業 去年の夏を思い出します 今日は納豆を食べていないのでこのトラックの後を追いかけ宮寒梅でおなじみの 寒梅酒造さんに・・・入口の消毒液で手を洗い中に入…

続きを読む

ともえ座 Live in 中山平温泉

栗原市の劇団ともえ座公演の様子を撮影してきました。 舞台は宮城県中山平温泉の「鳴子らどん温泉」大広間。 一緒に踊り出す人も・・・(^^ゞ 股旅物もあれば・・・ 妖艶な踊りも・・・(^^ゞ いつしか胸元に・・・(@_@) 昨年6月の岩手宮城内陸地震の後休業していたハイルザーム栗駒は11月30日より 営業を再開することにな…

続きを読む

JR中山平温泉駅前について(大崎市鳴子温泉)

JR陸羽東線中山平温泉駅の待合室に今年も電気ストーブが用意されていました。 このストーブだけではなく無人駅の清掃、トイレットペーパーの補充、駅前の 樹齢90年を越える大桜の手入れも駅前の商店の人達が行っています。 さらに紅葉時期には中山平温泉駅に降り立つ鳴子峡への旅行者のために手書きで 案内版を作ったり、パンフレットを置いたりしています。 私も微力ながら…

続きを読む

岩堂沢ダム・螢泉湖の紅葉(大崎市鳴子温泉)

宮城県大崎市鳴子温泉に建設中の岩堂沢ダムが今日一日だけ特別に見学できる ということで行って来ました。 岩堂沢ダム(Gandosawa Dam) 晴れたり曇ったりでおまけに霞がかかっていてうまく撮影できませんでしたが 来年からは鳴子温泉の新たな紅葉名所になると思いブログに掲載します。 岩堂沢ダム貯水湖「螢泉湖 」(Keisenko Lake) ホタルの里…

続きを読む

鳴子峡はみのり号で中山平温泉駅へ(鳴子温泉紅葉情報)

JR陸羽東線のリゾート列車みのり号に乗って鳴子峡に行かれる際は 中山平温泉駅で降りて臨時バス紅葉号に乗られることをお勧めします。 午前11時に鳴子温泉駅に到着してそのまま鳴子温泉駅で降りてしまう 方がいましたが、この紅葉時期は本当にもったいないと思います。 鳴子温泉駅と中山平温泉駅の間にある鳴子トンネルを抜けると鳴子峡 大深沢橋下の渓谷が眺められるので紅葉時期は徐行運転していま…

続きを読む

出羽街道中山越(最上町堺田~中山宿跡)をウォーキング

中山平温泉観光協会・旅館組合主催の第5回ノルディックウォーキングの コース5Kmを歩きました。 この道は出羽仙台街道中山越(史跡名)という旧街道で合併前の鳴子町が 奥の細道として整備した道です。 出羽仙台街道中山越(大崎市鳴子温泉西原付近) 出羽仙台街道中山越(軽井沢) 松尾芭蕉が通った奥の細道ですが、途中には「甘酒地蔵尊」「山神社」と いった義経伝説の…

続きを読む

稲刈り前/中山平

田んぼはすべて山の中である。 中山平は春の来ることもおそく、ひとめぼれと蔵の華ともに田植えは5月17日に おこなった。 彼岸の中日を過ぎて稲はたわわに実り、まもなく稲刈りを迎えようとしている。 蔵の華(大崎市鳴子温泉川端 高橋氏水田) 2009/09/24撮影  蔵の華(大崎市鳴子温泉川端 高橋氏水田) 2009/09/24撮影 ひとめぼれ(大崎市鳴子温泉川端…

続きを読む